東京 板橋区のホームページ制作 株式会社アールクリエイト

homepageホームページ制作

2019-06-25ホームページ制作

ホームページ制作するならブログ機能もつけて【外部ブログでは意味がない】

ホームページ制作するならブログ機能もつけて【外部ブログでは意味がない】

こんにちは、アールクリエイトのレナです。

今ビジネスを自分でしている人ならホームページは持っているかと思います。

 

ホームページにブログ機能はついていますか?

もしついてないとしたら、ぜひ検討してみてください。

 

今回は、なぜホームページにブログ機能もあったほうがいいのかを説明していきたいと思います。

 

 

 

ホームページ制作するならブログ機能もつけて

通常ホームページの構成は下記のような感じかと思います。

 

【ネイルサロンの場合】
・トップページ
・コンセプトページ
・メニュー、料金ページ
・ネイルのギャラリーページ
・ネイリストのプロフィールページ
・ネイルサロンへのアクセスページ

 

【飲食店の場合】
・トップページ
・コンセプトページ
・メニュー、料金ページ
・飲食店へのアクセスページ

 

だいたい5〜6ページにプラスして、お問い合わせフォームや予約ページなどがあると思います。

 

ウェブでの集客を頑張っていきたいと思っている人はブログも同時にスタートするでしょう。

おそらくアメブロとかで開設するのでは?

 

ちょっと待ってください。

ホームページとブログを違うサイトにしてはもったいない。

なぜ、もったいないのか説明していきますね。

 

 

1.ブログを書いてもホームページが育たない

どんなに外部サイトの無料ブログでブログを書いても、ホームページは育ちません。

「育たない」のがどういうことか説明していきますね。

 

まず、ホームページというのはインターネット検索でヒットすることを目的の一つとして制作します。

もしあなたが板橋区のネイルサロンを経営していて「板橋 ネイル」で検索して上位にきたら嬉しいでしょう。

 

なぜ嬉しいかというと、予約がたくさん入る可能性があるからです。

ユーザーは、検索して一番上から基本的に見ていきます。

 

熱心な人は何ページも見るでしょうが、ほとんどの人は上から見て気に入ったサロンがあればそのまま予約するでしょう。

 

検索上位にあれば、ユーザーに見てもらえる可能性が格段に上がります。

その確率から、予約の数も増えるのです。

 

ただ、板橋区といえどもネイルサロンは何十店舗もあるでしょう。

今から参入していきなり上位に行くのは難しいと思います。

 

ましてや最初にお話した5〜6ページのホームページを作ってそのままにしていたら、一体検索何ページなのやら。

 

なので、ページ数を増やす必要があります。

ただ、すでにネイルサロンを紹介する必要なページは作ってしまいました。

 

なので、ブログをどんどん書いてページ数を増やすのです。

もちろん、闇雲に書いてはいけません。

 

ユーザーにとってためになるブログを書いていきます。

 

このときに、外部サイトである無料ブログで何十ページと書いたところで、ネイルサロンのホームページのページ数は増えません。

よって、検索結果に変動はありません。

 

なので、ブログをどんなに書いてもホームページが育たないのです。

 

 

 

2.外部ブログサイト自体で検索上位を目指すのが難しい

それなら、外部ブログにブログをどんどん書いていけばそのブログ自体が育つのでは?と思うでしょう。

 

ところが残念なことに、アメブロでどんなにブログを書いても育つのはアメブロです。

あなたのネイルサロンではありません。

 

なぜならそれはサイトの仕組みにあります。

 

例えば、ホームページのURLが

https://itabashi-nail.com

だとします。

 

ここにブログを書いていくと

https://itabashi-nail.com/blog01/

だったり

https://itabashi-nail.com/blog02/

と赤文字の部分が変化します。

 

つまり、「itabashi-nail.com 」の中に「blog01」というページと「blog02」というページがあるイメージです。

 

 

一方アメブロだと…

例えば

https://ameblo.jp/itabashi-nai/

というURLでブログを書いていくとします。

 

そうすると

https://ameblo.jp/itabashi-nai/entry-12486089119.html

だったり、

https://ameblo.jp/itabashi-nai/entry-12486089120.html

 

と赤文字の部分が変化するのは、上と一緒なのですが、構造的には「ameblo.jp」の中に「itabashi-nai/entry-12486089119.html」というページと「

itabashi-nai/entry-12486089120.html」というページがあるに過ぎないのです。

 

結局、アメブロの中のものなのです。

 

これがどういう結果を招くかというかご説明します。

 

例えば板橋区でネイルサロンをやっている「サロンA」と「サロンB」があるとします。

それぞれが「2019年に流行るネイル」というタイトルでアメブロを書いたとしますよね。

 

後々グーグルで「2019年 流行る ネイル」などで検索したときに、1ページ目にくるのは「サロンA」か「サロンB」のどちらかになってしまうのです。

 

これは私の体感なのですが「同一キーワード」だと「同じサイト」で2個以上はなかなか検索上位に上がらないと思うのです。

ちょっと意味わからないと思うので実際の画面で説明しますね。

 

これは「2019年 流行る ネイル」でグーグルで検索したときの検索結果1ページ目です。

赤枠の部分を見てください。

それぞれURLが違いますよね。

 

たまたまこの中にアメブロはなかったのですが、もしアメブロがあったとしても1つだけだと思います。

グーグルは色んなサイトから選んでくれてるのですね。

 

なので、どんなにアメブロで頑張っていても、グーグルは「アメブロの中のあなたのサロン」ではなく「アメブロ」としか思ってくれません。

「サロンA」も「サロンB」も「アメブロ」なのです。

 

これは、他の外部ブログサイトでも同じことです。

外部ブログサイト自体で検索上位を目指すのが難しいのです。

 

 

 

WordPressでホームページ制作をしよう

ホームページの中にブログ機能を入れるというのはつまりWordPressでホームページ制作をするということです。

このサイトもWordPressで作っています。

 

WordPressでホームページを作れば、最初にあげたトップページや料金ページなども作れますし、ブログとしても使えます。

ホームページとブログが一体型になったようなものです。

 

今格安ホームページ屋さんが増えていますが、WordPressでホームページを作ってくれるところは少ないです。

WordPressで作るとなると費用もそれなりにかかります。

 

アールクリエイトではWordPressで作るホームページなのに費用は格安です。

ぜひ、見てみてくださいね。

»ブログ機能付きホームページ制作【月額無料】

 

 

以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。