東京 板橋区のホームページ制作 株式会社アールクリエイト

homepageホームページ制作

2019-06-27ホームページ制作

ユーザーにとって良質なブログの書き方。3つの手順でほぼ無限に書けます

ユーザーにとって良質なブログの書き方。3つの手順でほぼ無限に書けます

数年前まで、インターネットの検索上位は「質の低いアフィリエイトサイト」で溢れていました。

商品の宣伝を全面に出したものや、他のサイトのコピペなどユーザーは面白くもなんともないサイトです。

 

そういった「ユーザーの為にならないサイト」をグーグルは徹底的に排除して、今では良質な情報が揃うサイトが増えましたね。

検索上位に行く方法は、「ユーザーにとって良質な情報」をあげること。

でも、「ユーザーにとって良質なブログの書き方」って正直あいまいすぎて、ピンときません。

 

ここでは具体的にどういうブログを書けばいいのか解説していきますね。

 

 

 

ユーザーにとって良質なブログの書き方

ユーザーがどういう情報を欲しているのかわかれば、それに対するブログを書けば良いのです。

ユーザーがどういう情報を欲しがっているのかは下記の方法でわかります。

 

 

1.サジェストで確認する

まずグーグルの検索窓でキーワードを入力
サジェスト(予測変換で出てくるキーワード)をチェック

 

この「サジェスト」がユーザーの欲しがっている情報です。

普段から多く検索されるキーワードなのでグーグルが予め入力しやすいようにしているのです。

 

「ダイエット」というキーワードで、見ていきましょう。

 

まずグーグルの検索窓で「ダイエット」と入力
下記のキーワードがサジェストです。

あなたがダイエットのサイトを作っていて1番狙いたいキーワードが「ダイエット」の場合、このサジェストキーワードでひたすら記事を書いていくのです。

 

例えば「ダイエット 食事」であれば「ダイエットにおすすめな食事13選!」というタイトルにして、その名の通りダイエットにおすすめな食事をその記事内に13個ひたすら書いていくのです。

 

ちなみに「ダイエット」はビックキーワードといって競合が多すぎるキーワードなので、狙うとしたらもう少しニッチなものにしましょう。

 

ビジネスをスタートする時は下記のブログを参考にしてください。

»ビジネスを立ち上げるときに決めておくこと【10個のテンプレ】

 

 

 

2.もっとニッチなキーワードにする

検索結果の一番下にある検索キーワードをチェック

 

今からビジネスを初めてブログを書くのであれば、ニッチなキーワードでないとライバルが多すぎて検索上位を狙えません。

ニッチなキーワードにするには、更にキーワードの深掘りをします。

 

先程のサジェストキーワードに「ダイエット 食事」がありましたが、それをそのままクリックして検索結果を見ます。

そのページの一番下を見ると「関連キーワード」が出てきます。

このキーワード一つひとつでもブログを書いていくのです。

 

例えば「ダイエット 食事 簡単」であれば「ダイエット中に簡単につくれる食事13選!」というタイトルを作り、これまたその名の通り簡単なダイエット食を13個紹介します。

 

次は「ダイエット 食事制限 メニュー」なので「ダイエット中でもOK!食事制限メニューを作ってみた」というタイトルで、ダイエット中に食べてもいい食事制限メニューを紹介します。

 

 

 

3.ひたすらキーワードでブログを書いていく

関連キーワード取得ツールでキーワードをチェック

 

1.2の要領でブログを書いていくと、17個のブログが完成しますね。

私の体感では、ブログを書き始めてから3ヶ月以上経過でなおかつ40記事以上ないとユーザーからの反応はありません。

 

ユーザーからの反応とはつまり、お問い合わせや依頼、購入などです。

17個では足りませんね。

 

次は関連キーワード取得ツールを使います。

検索キーワードを入力するところに「ダイエット」と入力するとこんな感じでたくさんのサジェストキーワードが出てきます。

 

赤枠で囲ったところに、数百ものサジェストキーワードが出てきます。

更に一つ一つのサジェストキーワードで検索して、「2.もっとニッチなキーワードにする」のやり方を使って増やすこともできます。

 

これで当分ブログのネタには困りませんね。

そして、全て書き終わる頃にはいくつかのブログが検索上位に行っているはずです。

 

そして次のキーワードを狙っていきましょう。同時並行でも構いません。

 

 

 

中身はどうでもいいのか?という疑問

タイトルがサジェストキーワードに関することなら、内容はどうでもいいのか?という疑問があると思います。

もちろん、内容もしっかり作り込みましょう。

 

例えば「ダイエット サプリ」で検索している人が欲しがっている情報は「ダイエット中におすすめのサプリメント」の内容です。

もしくは奇をてらって「ダイエット中にサプリは必要ない!これを飲めばOK」とかでもいいと思います。

 

ただ、「ダイエット中におすすめのサプリメント」の内容が、エステの情報だといけません。

 

見た人がすぐに画面を閉じる。
離脱率が上がる。
グーグルからの評価が下がる。
順位が上がらないもしくは、下がる。

 

また、「ダイエット やめた」というキーワードでブログを書くとして、ここでユーザーの心理を考えると「ダイエットをやめようと思ってるけど本当にいいのかな?ダイエットをやめた人の意見を聞いてみたいな」のようなものだと思います。

 

ここで「ダイエットやめたなんて言わないで!続ける方法」とかにしてしまうと、少しクリック率が下がるかもしれません。

もうユーザーはダイエットをやめたいのですから。

 

なのでここは「ダイエットやめたら1週間で3kg減!理由はここにあった」とかのブログにするといいかもしれませんね。

アクセス解析をしていく中でクリック率をチェックしてみましょう。

 

アクセス解析のポイントについては別の記事でお伝えします。

 

以上になります。

何か質問がありましたら、ツイッターの方にお願いします。

R子@ウェブマーケとデザインの会社代表@mutationrecha

 

最後までお読みいただきありがとうございました。