東京 板橋区のホームページ制作 株式会社アールクリエイト

freelance起業・独立

2019-07-04起業・独立

好きなことを仕事にして起業すること【後悔した】

好きなことを仕事にして起業すること【後悔した】

こんにちは!アールクリエイトのレナです。

よく、好きなことを仕事にしようとか起業しようとか聞きますよね。

かと思えば好きなことは仕事にしないほうがいいという意見も。

 

独立起業して10年経つアラフォーの私がそのことについて考えてみようと思います。

 

 

好きなことを仕事にして起業すること

私は好きなことを仕事にしてそれで起業したタイプです。

 

子供の頃から絵を描くのが好きでした。

小学生の頃は漫画家を目指して「りぼん」に送ったりもしました。

 

まぁ所詮小学生の夢なので、漫画家を目指すというのはなんとなく消えていきました。

そして中学生のときに、男尊女卑の考えを持つ父への反発で女社長になりたいと思いました。

 

その後、「絵を描くのが好き」と「これからの時代はパソコンを使った仕事だ(1995年位なのでだいぶ古いです)」という考えが融合してグラフィックデザイナーとして就職し、時代の流れに合わせてウェブデザイナーとして独立し、サイトを自分で運営したりコンサルしたりするうちにマーケティングの経験も増えました。

 

もともと趣味的なものから発展し、どの仕事も大好きです。

会社員時代はずっとデザイナーで、エクセルすら使ったことがありませんでした。

 

いつも仕事が終わるのがあっという間で、仕事が嫌だと思ったことはほとんどありません。

(人間関係が嫌だったことは色々あります)

 

このことから、私は完全な「好きなことを仕事にして起業した」タイプでしょう。

好きなことでご飯が食べれてとっても幸せです。

 

ただ、好きなことを仕事にして起業してしまうとデメリットもあると思います。

 

 

デメリット1.好きだからやり続けてしまう

好きな仕事なので、延々とやり続けてしまいます。

よく、「好きじゃなきゃこんな仕事できないよねー」という表現がありますが、まさにその通り。

 

今は子育てがあるので物理的に仕事を遮断されますが、以前はずっと仕事をしていました。

自営業なので仕事をしてないと不安というのもありましたが、それ以前に嫌だったらそこまでできないと思います。

 

ゲームが大好きで徹夜でやる人もいると思いますが、それを続けるとゲーム廃人になってしまいますよね。

当時の私は仕事廃人でした。

 

そしてある日気づくのです。

「こんなに長時間仕事してるのに、あんまりお金ないね」と(笑

 

 

デメリット2.好きだからビジネスとして考えられない

好きな仕事だから、ビジネスとして考えられなくなるのです。
もちろん、生活のために仕事をお金にはしています。

 

ただ、ちょっとしたことだと好きなことなので無料でやったりしていました。
好きなので苦じゃないのです。

 

仕事は好きなのですが、それを平気で依頼してくる人には「人としてどうなんだろう?」と悩むこともあり、仕事が嫌ではなくその人が嫌でストレスになっていきました。

 

そこでふと気づいたのです。マクドナルドはハンバーガーを400円で売っていたらそれ以上でもそれ以下でもありませんよね。

ポテトとドリンクをつけたら追加費用がかかりますよね。

 

また、営業時間外にシャッターを叩いてハンバーガーを売ってもらうこともできません。

私は、仕事が好きだったからポテトとドリンクも喜んで無料でつけていましたし、営業時間外でも笑顔でシャッターを空けていたのです。

 

「こんな時間に人を叩き起こしてハンバーガーを作れなんて、ひどい人だ」と思いながら。

だって、仕事自体は好きなんですもん。

 

そしてちょっと心が病みました(笑

なので、それからはいくら好きでもビジネスとして仕事をしようと思ったのです。

 

 

デメリット3.趣味が仕事

好きなことって、つまり趣味ですよね。

私は仕事が好きなので、仕事が趣味です。

 

時間は限られているので多くの趣味は持てません。

なので、趣味を仕事一本に絞りました。

 

そうすると、他のことをする時間がもったいなく思えるのです。

ジム通いしていても、趣味(仕事)を優先したいので休んでしまう。

 

土日は外に出て遊ぶようにしてるのですが、平日に関してはできるだけ黙々と趣味に打ち込みたいのです。

そうするとどんどん世間知らずになってしまいますね。

 

 

 

好きを仕事にして後悔したこともある

好きなことを仕事にして起業できて幸せです。

でも、そんな自分が恥ずかしいと思っていたときもありました。

 

周りの社長さんは、好きを仕事にしたというより、儲かるから仕事にしている人が多かったのです。

そしてちゃんと儲けていました。

 

儲かる仕事をしているということは、社会にお金をたくさん流せますし、雇用して人の生活を支えることもできます。

自分自身の自由も広がります。

 

私は好きを仕事にしてしまった時点で満足してしまい、たくさん儲けたり、社会を豊かにしたり、人を雇用したり、何より自分自身を自由にはしていませんでした。

 

最近やっと好きなことを仕事にして良かったとまた思えるようになりました。

 

その理由は、社会を豊かにするのも、人を雇用するのも私には無力すぎて難しいと気づいたからです。

それよりも、私と家族と周りの少しの人、そして仕事に関わる人達が自由で豊かになることを目標に淡々と仕事をしていこうと思っています。もちろん、ビジネスとして。

 

あなたは、「好きなことを仕事にして起業すること」をどう思いますか?

もしよかったらツイッターでリプなどくれたら嬉しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

»起業するには最初は熱意だけで充分【でもずっとは続かない】

»WordPress付きホームページ制作【月額無料】