東京 板橋区のホームページ制作 株式会社アールクリエイト

designデザイン

2019-08-08デザイン

デザイナーはデザインのアイデアを考えない【相手から引き出す】

デザイナーはデザインのアイデアを考えない【相手から引き出す】

こんにちは!

板橋区のweb制作会社アールクリエイトのレナです。

 

デザインのアイデアがなかなか出なくて困っているデザイナーは多いですね。

 

が、私はあえて「デザイナーはデザインのアイデアを考えないほうがいい」と思います。

 

その理由は、デザイナーというのはクライアントの要望を形にするのが仕事なので自分でデザインを考えるのではなくクライアントから引き出すのが正解だからです。

 

 

デザイナーはデザインのアイデアを考えないほうがいい

デザイナーはクライアントの要望を引き出して形にして制作物の目的を達成させるのが仕事です。

 

自分のアイデアで好きなデザインにしてしまい、自己満足してしまってはデザイナーではなくアーティストになります。

 

・アーティスト…自分の作品を買ってもらうことでお金にする
・デザイナー…クライアントの要望どおり(もしくは期待以上)の作品を作ってお金にする作品を作る順番が違いますね。

 

 

自分のアイデアを出す前にクライアントの要望を聞きましょう

まずはクライアントの要望を聞くことです。

そんなの当たり前だろって思うかもしれませんが、例えばこんなデザイナーがいるとしたらどうでしょう?

 

郊外のとある下町商店街のクリスマスイベントのポスターを作る仕事を受けたデザイナーAさん。

 

クライアントからの要望は「クリスマスイベントのポスターをデザインしてください」だったので、言われたとおりデザインに取り掛かろうと思いました。

 

クライアントがポスターを作る目的は下記の通り。

 

・商店街で行うクリスマスイベントにお客さんを集めてもらってそこで販売する商品やサービスを売りたい

 

 

 

もともと奇をてらったデザインが好きだったデザイナーAさんは、このようなデザインにしてしまったのです。

 

・「クリスマスといえば、もみの木・雪・サンタ・トナカイ・プレゼント」というひと目でクリスマスとわかるようなデザイン

 

ではなく、

 

・「サンタのプライベート」というテーマで「海でヒゲのおじさん(実はサンタ)がサーフィンしている」デザイン

 

 

それはそれで、面白くて斬新だと思います。

 

若者が多く集まる原宿の竹下通り商店街だったらそんなポスターでも奇を狙ってかっこいいと思うのですが、あくまでも郊外にある下町商店街です。

 

その商店街に集まるのは若い人というより、高齢者やファミリー層になります。

 

なので奇をてらって「海でヒゲのおじさん(実はサンタ)がサーフィンしている」ポスターだと、商店街に来るお客さんは「クリスマスのイベント」ということに気づきません。

 

「クリスマスのイベント」に気づかないということは、そのイベントの集客も難しくなってきますし、そこで販売しようとしているサービスや商品も売れません。

 

ということはクライアントにとっての目的が達成されず大失敗に終わってしまいます。

 

これではいけませんね。

 

まぁ通常はクライアントからダメ出しが入って作り直しになります。

 

それではAさんはどうすれば良かったのでしょうか?

 

クライアントの要望である「クリスマスイベントのポスターをデザインしてください」を自分なりに理解して進めたつもりです。

 

しかし、これでは要望を引き出すことは足りなかったのです。

 

ではどのように要望を引き出せば良かったのでしょうか?

 

 

 

要望を引き出すヒアリングの仕方

クライアントは要望を話すプロではありません。

クライアントの中でモヤモヤとしている感覚的な部分を引き出すのがデザイナーの仕事でもあります。

 

クライアント:今度クリスマスのイベントをやるのでそれの告知ポスターを作って欲しいです。

 

デザイナー:承知しました。ターゲットはどんな方ですか?

 

クライアント:◯◯商店街なので、高齢者やファミリー層が多いです。

 

デザイナー:では、ひと目でクリスマスとわかるようなデザインがよろしいでしょうか?

 

クライアント:そうですね。あまり奇をてらわず、クリスマスイベントということがわかりやすいデザインにしてください。

 

はい。このやり取りだけで奇をてらってはいけないことが分かりました。

 

コミュニケーションが苦手なデザイナーだとココらへんをすっ飛ばしてしまったり、言われたことはできるけどそれ以上それ以下でもなかったりすると、ここまで深掘りができません。

 

ましてやデザイナーはクリエイターです。

もともと0から1を作るのが好きな性格が多いでしょう。

 

どこでもありがちなクリスマスのポスターを作るより、ちょっと変わったほうが作っていても楽しいでしょう。

 

でもそれではクライアントの要望を引き出せないし、目的も達成できません。

 

デザイナーって意外とつまらない仕事なのかな、って思うかもしれませんがそんなことはありません。

これからブログでデザインの楽しさについて伝えていけたらと思います。

 

なにか質問があればTwitterからお願いします。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【こんなことやってます】WordPress付き格安ホームページ制作
【おすすめ記事】ビジネスを立ち上げるときに決めておくこと【10個のテンプレ】