東京 板橋区のホームページ制作 株式会社アールクリエイト

designデザイン

2019-08-22デザイン

中古物件を売りたい!不動産チラシを作成するときのポイント

中古物件を売りたい!不動産チラシを作成するときのポイント

こんにちは!

板橋区のウェブ制作会社アールクリエイトのレナです。

 

小さな不動産屋を経営していたり、物件仲介のビジネスをしていれば手持ちの物件はすべて売りたいですよね。

 

でも大手不動産業が手がける新築分譲マンションほど広告宣伝費にお金はかけれません。

 

だからといって、白黒の地味なチラシでポスティングしてもなかなか物件が売れない…。

 

今回は、そんな方の為に中古物件を売るための不動産チラシ作成についてお話していこうと思います。

 

 

中古物件を売りたい!不動産チラシを作成するときのポイント

白黒の地味なチラシでも条件が良かったりニーズがあっていれば即売れるかと思います。

 

でも、なかなか手離れの悪い物件はもしかしたらチラシが原因かもしれません。

このようなチラシをポスティングしていませんか?

 

不動産チラシ

これだとまるで、内見する前にもらう物件情報の紙ですね。

これがポストの中に入ってても正直そそられません…。

 

中古マンションなので新築マンションよりは安いとしてもそれでも数千万はしますよね。

数千万の買い物をする時の最初のとっかかりがこのチラシだとテンションあがりません。

 

このチラシでも購入する人は、相当条件がピッタリだったのでしょう。

 

でも、条件がぴったり!ドンピシャな人を狙うよりも

 

「特にマンション買うつもりなかったけどこのチラシ見てたら欲しくなってきた」

 

とお客さんの購買意欲を起こさせるようなチラシを作れたらいいと思いませんか?

 

私は個人的趣味で物件を見るのがとても好きです。

買うつもりはなくても、チラシはじっくり見るタイプです。

 

こんなチラシだったらちょっと購買意欲がそそられます。

 

・カラーで綺麗
・間取り図がわかりやすい
・室内の写真が綺麗
・魅力的なお値段
・今住んでいる家より魅力的

 

それぞれ深掘りしていきます。

 

 

カラーで綺麗な中古マンションの不動産チラシ

やはり白黒のチラシよりカラーでしょう。

ではなぜ白黒なの?と言われればそれは、予算の問題ですね。

 

カラーで印刷するより白黒の方が安いからです。

 

安い印刷代で数千万円の商品が売れたらラッキーですが、なかなか売れない場合はカラーに変えてみるといいかもしれません。

 

カラーにしてみました。

不動産チラシ

先程のチラシより、少し目をひくようになりましたね。

それでもまだ、内見する前にもらう紙です。

 

 

間取り図がわかりやすい中古マンションの不動産チラシ

間取り図は超重要です。

 

ここにテーブルを置いて、ここにベッドを置いて…。

など、より詳しく想像できるような間取り図がいいですよね。

 

カラーでわかりやすい間取り図にしてみました。

不動産チラシ

先程のチラシより、良くなりましたね。

とはいえ、間取り図がわかりやすいだけのチラシです。

 

まさに探してました!という人以外は購買意欲はまだ上がりません。

 

 

室内の写真が綺麗な中古マンションの不動産チラシ

やっぱり室内の写真が見れたほうがいいでしょう!

いくら間取り図が綺麗でも、ボロボロな内装だったらテンション下がります。

 

また、築年数がかなり経っていてもリノベーションなどで内装が綺麗だったら購買意欲は上がりますよね。

 

ということで、室内の写真を入れてみました。

不動産チラシ

どうでしょう。

ずいぶん変わったかと思います。

 

中古マンションだと家具を入れるのは予算の問題で難しいと思いますが、多くの中古マンションを扱うのであれば家具一式を撮影用などで持っておいてもいいのかなとは思います。

 

生活感をそこまで出す必要なないと思います。

 

リビングであれば、ダイニングテーブル、ローテーブル、ソファ、テレビ、観葉植物があるだけでも雰囲気がわかっていいと思いますよ。

 

IKEAなどで買えば安く揃えられそうです。

 

 

 

魅力的なお値段な中古マンションの不動産チラシ

現実的な問題としてお値段は超重要です。

都内で23区内であれば中古マンションだとしても3千万円以上はしますよね。

 

今回のチラシに記載されている金額も3,500万円。

白黒のチラシに載っている商品が3,500万円…。

 

値段は高いのはしょうがないので、表現を変えてみるのはどうでしょう?

不動産チラシ

「アールマンション」というのがデカデカと載っていてもどうかと思うので位置を移動。

 

「販売価格3,500万円」という表現をやめて、35年ローンでの月払いにしてみました。

そうすると約87,000円なのです。

 

どうでしょう。同じ金額のものでも表現を変えれば一気に安く感じますね。

 

板橋区大山で3LDKのマンションを借りようと思うと150,000円くらいするので約半額でマイホームを手に入れることができるということです。

 

3LDKの賃貸マンション、もしくはそれより少しだけ狭い賃貸マンションにポスティングしてこの「月87,000円でマイホーム」のキャッチコピーを見たら、毎月の家賃がアホらしく感じて購買意欲が湧きそうではないですか?

 

 

今住んでいる家より魅力的に見える中古マンションの不動産チラシ

お部屋の画像を入れたり、金額の表現を変えて今住んでいる家より魅力的に見える努力はしました。

 

その他魅力的なところは…

・商店街が近い
・池袋から近い
・サンシャイン池袋までバスで行ける

 

の魅力をもっと引き出しましょう。

 

デザインに少し工夫をしてこんな感じになりました。

背景に都市と空の画像を入れることで、より住居のイメージがしやすくなりました。

 

新築の分譲マンションであればもっと他の打ち出し方もあるのでしょうが、中古マンションだとこんな感じなのかなと思います。

 

いかがでしょうか?

 

最後のデザインまではWordなどのソフトでノンデザイナーがやるにはちょっと難しいかもしれませんが、その手前まででしたらできそうですよね。

 

ちなみに、こちらの最終的なデザインをフォーマットとして文章や画像の差し替えと印刷100枚込で20,000円(税別)で販売いたします。

自分で作るのは面倒という方はぜひご依頼ください。

 

お問い合わせ・ご依頼はこちらのフォームからどうぞ!

»お問い合わせ

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

【こんなことやってます】WordPress付き格安ホームページ制作
【おすすめ記事】ビジネスを立ち上げるときに決めておくこと【10個のテンプレ】